NCR Nicotine Reinforcer RDAの公式情報まとめ

NCR Nicotine Reinforcer RDAの公式情報まとめ
今回ご紹介のNCR Nicotine Reinforcer RDAは各方面で色々と話題になっています。未だかつてない、前代未聞のRDAということで、大きく取り上げられています。
何がそんなに前代未聞なのかというと、信じられないことにコイルを使わない新タイプのRDAなんですね。まだまだ情報が少ないので、全容が明らかではありません。ここでは公式情報からわかる内容をまとめたので、早速見ていきましょう!
NCR-Nicotine_Reinforcer-RDA

NCR Nicotine Reinforcer RDAのスペックと内容品

NCR Nicotine Reinforcer RDAのスペック

• 長さ: 40 mm
• 外径: 24 mm
•WAFERヒーター抵抗値:0.4-0.5ohm
• WAFER: SSTアルミニウム
• 510スレッド

NCR Nicotine Reinforcer RDAのキット内容

• NCR NEW CONCEPT RDA x1
• 17ツールバッグ x1

NCR Nicotine Reinforcer RDAの詳細情報

VAPEのアトマイザーというと数多くの種類があります。RBAというくくりの中にRDA、RDTA、RTAがありますし、サブオームアトマイザーに代表されるクリアロマイザーがあります。

VAPEでよく聞くサブオームって一体なに?サブオームアトマイザーの特徴を解説

2017.12.01

RBAとは?RTA、RDTA、RDAの用語解説

2017.10.20
全てに共通の仕組みとして、金属でコットンを熱し、リキッドを蒸気化させるということです。
NCR Nicotine Reinforcer RDAは従来の一般的なRDAアトマイザーの仕組みを大きく変える革新的な仕組みが取り入れられており、業界的に大きな注目を集めているんですね。
従来のRBAがコイルを使用しているのに対して、NCR Nicotine Reinforcer RDAはセラミック製のWAFERという金属が設置されています。抵抗値は0.4〜0.5ohmです。
NCR-Nicotine_Reinforcer-RDA-components
デッキの中心にWAFERがあるのですが、このWAFERがコイルの役割を果たします。このWAFERの商品寿命は600,000回ということで、かなり長い期間使い続けることができるのでしょう。コイルと違いビルドする必要がないことが大きなメリットになります。
従来のRBAと同様にNCR Nicotine Reinforcer RDAでもコットンは必要です。WAFERにコットンをセッティングしてリキッドを染みこまします。そしてWAFERを熱しリキッドを蒸気化させるという仕組みなんですね。
NCR-Nicotine_Reinforcer-RDA仕組み
外観を見た感じは割とシンプルなRDAといった感じで特に目新しさは感じません。しかしこのコイルを使わない新たなRDAということで期待が集まる中、かなりのヒットになるかもしれません。
VAPE STEEZでも入荷が決定したので、近日中に商品ページを準備します。注目度の高い商品で流通がしばらくは安定しないかもしれないので、確実にGETしたい方は予約をオススメします!

NCR Nicotine Reinforcer RDAの公式情報まとめ

2 件のコメント

  • AtlusT1のRDAバージョンって感じですね。あっちは米国企業が取り扱っているので日本では入手が困難でしたがこっちは中華サイトで取り扱っているので早速注文かけました。Atlus自体は立ち上がりの悪い高ワット爆煙仕様でしたが動画を見る限り同じと思います。どっちもキモは発熱チップにあるのでバラして自分仕様のアトマを作って見ようと考えています。チップが絶縁されていればステンメッシュでジェネシス化して半メンテフリーで行けるかも。

  • […] そういうのが面倒だったり、煩雑でやる気が起こらないという方にも、最近ではメッシュワイヤーやコイルレスといった新しいタイプのアトマイザーも出回っており、コイルを手で巻いたり、頻繁な手入れも必要ない、コットンを交換するだけで良いような商品も市場に投入されてきており、めまぐるしいVape業界の技術の革新を目の当たりにすることも多くなってきました。 […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です